ー アマチュアのサイクルロードレースチームです。 ー

KINAN AACA

 

Blog

塚本選手のレースレポート

KINAN AACA CUP第2戦に参加した塚本選手のレポートが届きました!

 

天気:晴れのち曇り

気温:6度前後

風速:6メートル前後

 

kinan aaca cup 2

カテゴリー:1-1

 

レーススタート直後

横風の強風の中、集団で走るのが怖く感じた。

 

トムボシス選手が仕掛ける。

 

2周目、集団前方の動きに沿って右側へ動いたところ、右後ろから上がって来たインタープロの選手と接触。

ここで、右のシューズのラチェット部分が千切れて脱げそうになる、

ホイールはスポークが2本折れて歪み、ブレーキパットに当たっている。

そして3周目、ベントスを含む数名が飛び出し追走を開始するが、すぐに反応が出来なかった。

結論から言うと、この追走が合流して最後まで逃げ切ってしまった。

集団で追えばすぐに捕まえられると感じた為、ローテーションに加わり、集団で逃げを追う。

頭の中では   集団が一つになる直前でニュートラルに入り、シューズとホイールをどうにかしようと考えていた。(それまでは我慢)

しかし、なかなか差が埋まらない。

逆にどんどん差が開いていく。

すぐには集団が一つにならないと判断し、ここでニュートラルに入りシューズをガムテープで補強、ブレーキは全開にした。(約30km地点)

次の周回でメイン集団に戻り、再び追い始める。

差は開く一方で、メイン集団はどんどん人数が減っていく。

逃げ集団の方が有力選手が多い。

諦めた選手は千切れていき、追いたい選手も脚がない。(自分も含めて)

結局、逃げを吸収することは出来ずに第2集団でゴールした。

 

反省点

1つは、レース序盤の動きに反応せず  他の選手を使って優位にレースを進めようとしたところ。

 

逃げが決まってしまうと、 強風の日は 後ろにいても前にいてもキツさは変わらないと感じた。また、今回のように有力選手が混じった逃げは逃げグループの方が集団より強い。

 

2つ目は

集団内での走行が危なっかしいところ、横風でのローテーションや集団の動きが分からない。

メイン集団では、kinanの中島さんから横風でのローテーションを教わった。

次回のレースに活かしていきたい。

 

その他にも反省点は沢山あるので、次のレースで改善したい。

 

 

塚本一樹

KINAN AACA CUP 第1.2戦

開幕戦は2連戦でした。

 

トップカテゴリーの1-1には橋岡選手と塚本選手が参戦、それぞれ完走を果たしました。

 

様々な気づきや反省ができるのも実戦ならでは。

 

それぞれが課題を見つける良い機会となりました。

 

塚本選手はトップチームKINAN Cycling Teamの冬季合宿に参加しました。

 

そしてKINAN AACA卒業生の高山選手は今期シエルヴォ奈良に移籍し、JPTを走ります。

 

そんな高山選手が第2戦の勝ち逃げに乗り、4位と過去最高位を獲得!

 

今後もさらなる活躍を期待したいですね!

 

下の写真は熊野合宿中の塚本選手(前から3番目)と第2戦の先頭集団で走る高山選手(最後尾)

photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

続きを読む


The development of young riders aiming at the Japanese top level. The level raise of cycling race in Japan. 
活動目的:若手を育成し、日本のトップ選手輩出、及び自転車競技レベルの底上げ、自転車競技文化の発展に貢献します。


UCI コンチネンタル登録チーム KINAN Cycling Team の下部組織に位置しています。

チームの運営陣はレース経験を少しでも多くの人たちに積み重ねてもらえる様にレースイベントの企画、運営も行っています。

現在のウエアデザインは紺色がベース色